コトハナクラブは、話し方・人間関係・リーダーシップスキルアップ講座のコトハナセミナー卒業生コミュニティです。

中西 清治(会員紹介)

トップ > 会員紹介 > 中西清治

クラブ会員・中西清治氏の著書

中西清治
  • 氏 名:中西 清治(なかにし きよじ)/中西 倭
  • クラス:コトハナセミナー・大阪第40クラス卒業
  • 所 属:株式会社ヤマト貿易 代表取締役社長
    公式サイト:http://www.trading.co.jp/
  • 新聞掲載記事
    • 奈良新聞
      奈良新聞2004(句集・文集)
    • 読売新聞
      読売新聞(太子道・送迎)2004

由良 ― 句集

句集由良
  • 書名:由良 ― 句集
  • 著者:中西 倭
  • 出版:株式会社新風書房
  • 価格:1,575円
  • 発売:2009/4/10
  • ISBN:9784882696797
  • 目次
    • I 平成十六年
    • II 平成十七年
    • III 平成十八年
    • Ⅳ 平成十九年
    • V 平成二十年
    • あとがき
  • 2009/4/22
    毎日新聞 関東版。朝刊1面書籍広告に掲載
  • 2009/4/24
    毎日新聞 関西版。朝刊1面の書籍広告(8社掲載)「新風書房」の広告掲載。
    中西倭著「峠の風景」と句集「由良」の2冊。
    前者「峠の風景 中西倭著」は、「ヤマト貿易30周年と還暦を機に書きためた自分史風エッセーを一冊にした。B6判、220頁、価2625(込)」。
    また後者「句集 由良 中西倭」は、「運河同人。『送迎』に次ぐ第2句集。倭の羅針盤。B6判、104頁、価1575(込)。
  • 出版のきっかけ:
    海は地球を動かす潤滑油だ。由良港から船出し、黒潮にのって大海に出てみよう。
    世界は広い。まだまだ未知の場所がいっぱいある。そこへ上陸し、そこの人々と
    同じものを食べ、話し、飲み交わせば、現況脱出のヒントがきっと見つかるはず
    だ。「歳時記」がエンジンであるならば、「由良」は倭の羅針盤である。

「峠の風景」

峠の風景
  • 書名:峠の風景
  • 著者:中西 倭
  • 出版:株式会社新風書房
  • 価格:2,625円
  • 発売:2009/4/10
  • ISBN:978-4-88269-678-0
  • 目次
    • 序文
    • 第一章 風景の始まり
    • 第二章 地球の風景
      • 第一項 而立(三十にして立つ)
      • 第二項 不惑(四十にして惑はず)
      • 第三項 知名(五十にして天命を知る)
    • 第三章 身ほとりの風景
    • あとがき

出版のキッカケや出版秘話など

「峠の風景」の表紙の写真は南極大陸での一風景である。この三十年間にずいぶ
んと多くの海外の風景を見た。
三十歳でヤマト貿易を興し、ちょうど二倍の時が流れた。
改めて峠を見渡せる所から振り向いてみた。山や河だけでなく、荒地もあれば、
トンネルもある。これからは次の峠に向かって一本調子の上り坂であってほしい。
五風十雨の如き順調な日々ばかりとはいかないだろうが、還暦という峠を越えて
こそ、見えてくる風景がきっとあることを信じて・・・。

句集 「送迎」(ひるめ)

句集送迎
  • 書名:句集「送迎」(ひるめ)
  • 著者:中西 倭
  • 出版:禽獣舎
    〒630-8053 奈良市七条1丁目37-5
    Tel:0742-44-1650/Fax:0742-49-4161
  • 価格:2,625円
  • 発売:2004/4/10
  • 目次
    • 狸藁塚 平成四・五年
    • 栗拾ふ 平成六・七年
    • 百物語 平成八年
    • 草相撲 平成九年
    • 渋柿 平成十年
    • 炬燵舟 平成十一年
    • 網引 平成十二年
    • 夏芝居 平成十三年
    • ぬかご飯 平成十四年
    • あとがき

出版のキッカケや出版秘話など

人は人と出会うことによって変わる。「送迎」は「ひるめ」と読む。
斑鳩人が聖徳太子をここまでお送りし、お迎えした地だと、先祖から聞かされて
育った。幼い頃、毎年三月の聖霊会には法隆寺まで自転車で走ったものだ。
今年は「十七条憲法」制定一四〇〇年目に当たる。聖徳太子のもとに、どれほど
多くの人々が集い、様々な出会いがあったことであろう。

文集「太子道」

太子道
  • 書名:文集「太子道」
  • 著者:中西 倭
  • 出版:禽獣舎
    〒630-8053 奈良市七条1丁目37-5
    Tel:0742-44-1650/Fax:0742-49-4161
  • 価格:2,100円
  • 発売:2004/4/10
  • 目次
    • I 太子道 
      • エッセイ ガタロが足をひっぱる
      • 創作民話 乙女池
      • たんだの椿
      • 亀山
      • 七つ石
      • 法隆寺の蛙には片目がない
    • II 世界へ
      • 紀行 地球の裏側(南アメリカ)
      • 沈黙のモアイ像(イースター島)
      • モンゴルの天幕(モンゴル)
      • アラビアンナイト物語(ドバイ)
      • 遠い夜明け(南アフリカ)
      • ベルリンの壁とポツダム宣言(東欧)
    • 物語 海豹の島(バンクーバー)
      • ドリームキャッチャー(グランドキャニオン)
    • 炉話 熊狩(カナダ)
    • 創作民話 継子石(アルゼンチン)
      • 氷河七人の女神(フィンランド)
      • 人面魚(沖縄)
    • III 戯曲
      • 聖徳太子と達磨さん
      • 瓜盗人
      • 留学生の恋

出版のキッカケや出版秘話など

法隆寺を訪れたら必ず立ち寄る場所がある。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」句
碑の前にある、龍頭の蹲踞だ。寄贈者の名を刻んでいる中に、曽祖父、中西庄太
郎の名が見える。
今一度、太子道を行き来することによって、聖徳太子の精神に少しでも触れたい
との思いから、拙誌「太子道」を編んでみた。





← 会員紹介ページに戻る / ← トップページに戻る






a:1645 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional